社員旅行へ行ってきました。

新年あけましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

お正月明けに、現在日本にいるメンバー6名で群馬県の伊香保温泉に社員旅行へ行ってきました。

TOKYO創立以来初めての社員旅行、ただの旅行じゃもったいない。ということで、

「ミッションX:TOKYOのネットワークを強化せよ。」

をテーマに、謎解きゲームやボードゲーム、上毛かるた、アイススケートなどのアクティビティを盛り込んだ旅行を計画しました。

ミッションⅠ:榛名湖でワカサギを食べよ。

榛名湖(はるなこ)と言えば、わかさぎ釣り。ですが、今回は釣りはせず、近くのお店でわかさぎをいただきました。

わかさぎ丼

机の上のある一味と七味を見て、メンバーが一言

「子どもの頃、七味よりも一味を好きって言ったほうがかっこいいっていうのあったよね?」

残念ながら皆に共感はしてもらえませんでしたが、なんとなーく言いたいことは分かる。一味の方が辛いから、子どもからすると憧れがあるんでしょうね。

普段、仕事ではなかなか生まれない会話が生まれるのも旅の醍醐味だなぁ~と、わかさぎ丼に一味を振りながら思ったのでした。

ミッションⅡ:チーム対抗!謎解きに挑戦

チームS
チームA

伊香保温泉で現在開催されている「猫のハルナとあやかし番頭帖」の謎解きに挑戦してきました。

6人を2つのグループに分け、初日の13:30頃に開始しました。謎解きの目安が4時間ということで日の入りまでには終わらせるぞ!

と意気込んでスタートしました。

観光名所を巡りながらの謎解きは、楽しみがたくさんありました。温泉地ならでは、足湯をしたり射的をしたり、途中お茶をしたりと、謎解きに苦戦しても飽きることなく進めることができました。

話し合い中
射的に夢中
足湯で休憩♨


互いに「私たちもうすぐクリアしますけど~。」「それ間違ってますよ。」と途中煽り合いをしつつ、順調に進めていたかと思いきや、後半で大苦戦。あっという間に日が暮れて、両者クリアならず・・謎解きは2日目に持ち越されました。

最終的には2チーム合同で力を合わせ、2日目のお昼過ぎに完全クリアをすることができました。予想以上に難しかったですが、メンバーがあぁでもない、こうでもないと意見を出し合い、1つの目標に向かって取り組めたので、とても充実していました。

確実にTOKYOのネットワークは強化されたはずです。

ミッションⅢ:各種ゲームに挑戦せよ!

温泉に到着してからは、定番の卓球やブロックスというボードゲームやUNO、セキュリティー人狼など、様々なゲームを楽しみました。

そして今回特に盛り上がりを見せたのが、群馬県出身のメンバーが持参した「上毛かるた」でした。

上毛かるたとは?

上毛かるた(じょうもうかるた)は、1947年(昭和22年)に発行された群馬を代表する郷土かるたです。全44枚あり、群馬県の名所旧跡や輩出した人を札としています。ちなみに『上毛』とは群馬県の古称です

参考ページ:https://www.kingofjmk.jp/%E4%B8%8A%E6%AF%9B%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%81%9F%E5%85%A8%E6%9C%AD%E4%B8%80%E8%A6%A7/

どうやら群馬県の小学校では上毛かるたを学ぶ機会があり、大会も行われているそう。

かるたを通して郷土について知れるって、素敵だなぁと思いました。

なんとびっくり、群馬県出身のメンバーは、全44枚の札を覚えていました。
普段はとても穏やかな彼が、上毛かるたともなると、メラメラとやる気に満ち溢れ、とんでもない俊敏な動きを見せてくれました。また、取り損ねた時の悔しがり方はまるでアスリートでした。

群馬県民の魂と言っても過言ではなさそう、上毛かるた、おそるべし。

「い」
伊香保温泉 日本の名湯

ミッションⅣ:温泉で温まるべし♨

朝と夜の2回、温泉に入りましたが言うまでもなく極楽でした。早起きして良かった!

特に朝の露天風呂からの景色は絶景で、朝焼けで美しく移り変わる山々は格別でした。

私は学生時代、銭湯サークルに入っていたのですが、銭湯や温泉など公衆浴場が好きな理由の1つは、お風呂で生まれる会話が好きだからです。

いつも以上にリラックスして、普段しないような会話もできてしまう不思議空間。

同じ釜の飯を食う、ならぬ、同じ湯舟に浸かる、のは人間関係を構築するのには効果的な気がしています。

今回も、一緒に入ったメンバーとの会話を楽しむことができたので、大満足です。

ミッションⅥ:アイススケートを堪能せよ!

BGMはサザンオールスターズ、Good!

最終ミッションは、みんな大好き(?)アイススケート。

6名中2名は未経験者でしたが、経験者に支えられつつ、各々が努力した結果、最終的には全員が1人立ちして滑れるようになりました。

経験者の2人がとても上手で、手を繋いで滑ってもらって心強かったのは私だけではなかったはず。

都内のスケートリンクは混雑するので、ここではのびのびと滑ることができました!

スキーやボードも楽しいけど、たまにはアイススケートも良いですね。

ミッションⅦ:安全に帰還せよ。

2日間天気に恵まれ、誰1人怪我もせず(1名山で大転びしましたが)、無事に社員旅行を終えることができました。

社員旅行の話が上がってから実現するまでに約半年間、旅のしおりを作成し、旅程を組み、予約までしてくれたメンバーの努力に、本当に感謝です。ありがとうございました!

また、2日間安全に運転して下さったドライバー(社長)も、いつもありがとうございます。

2023年のスタートにふさわしい社員旅行になりました。

本年も、健康に安全に元気に!1年を過ごせるようにメンバー同士助け合っていきます。