社内勉強会を実施しました。

CYDERの演習プログラムを受講したメンバーが、演習の報告を兼ねて社内勉強会を主催し、現在国内で働くメンバー5名が参加しました。

CYDERとは?

CYDER(Cyber Defense Exercise with Recurrence:実践的サイバー防御演習)とは、

サイバー攻撃を受けた際の一連の対応(インシデント対応)を

パソコンを操作しながらロールプレイ形式で体験できる演習です。

参照:https://cyder.nict.go.jp/about/features/index.html

実際にCYDERを受講したメンバーのひとこと☻
ポイントは日ごろからインシデントに備えておくことかと思います。なぜなら、いつどんな規模のサイバー攻撃を受けるかは予測できないですし、全ての組織が攻撃対象になる可能性があるからです。(近年では比較的セキュリティ対策が甘い中小規模の組織がターゲットにされることも増えているそうです。)
また、サイバー攻撃は日々巧妙化しているので、情報を常にアップデートすることも重要になります。

現役のサイバーセキュリティー専門家であるメンバーや、社長から鋭い意見や質問が飛び交い、充実した勉強会となりました。